スピナーベイト縛りのメリット3つ

スピナーベイト
わっきー
わっきー

こんにちは!わっきーです!

釣れてますか?僕は釣れてません!

ばすくん
ばすくん

だろうね。


2020年はまだ3匹です!もちろん全てスピナーベイトですよ!

ばすくん
ばすくん

まだまだ甘いね。ヘタクソ。

今僕自身に課している「漢のスピナーベイト縛り」ですが、決してウケ狙いでやっているわけでは無いんです!という事で、今日はスピナーベイトで縛るメリットについてお伝えしようと思います。

わっきー
わっきー

発表します。はい、どん!

フィールドでルアーセレクトで悩む事が無くなり、結果キャスト回数が増えるし、集中できる。

 バス釣りにおいて、魚を釣る確率を上げる絶対的な方法として、「ルアーの水中での滞在時間」を増やす事が挙げられます。それは釣行回数(時間)、そしてキャスト回数に比例します。ルアーをあれこれ変えるのは、状況に適していれば良いことですが、状況を正確に把握していなければマイナスの要素でしかありません。現場の状況を判断できない人(情けないが、僕)のルアーチェンジはギャンブル性が高いのです。

 それよりもっと厄介なのが、いわゆる「選択のパラドクス」ってやつなんです。簡単に言うと、「人間は選択肢が多ければ多いほど不幸を感じやすくなる」と言う事です。

【選択のパラドクス】
⒈選ぶのが大変
⒉自分の選択に疑念と後悔が生じる
⒊期待値だけが増えすぎてしまう

 特に問題なのが「⒉自分の選択に疑念と後悔が生じる」ってやつです。多分皆さん経験済みかと思いますが、あっちが良いかなぁ、それともこれの方が良いかなぁ、なんてルアーセレクトは集中力を削ぎますよね。

わっきー
わっきー

そうそう。選択肢が多いと悩んでしまうし、他の選択肢の方が良かったかなぁなんて色々考えて釣り自体に集中できない事があります。

それならば、考える時間、チェンジする時間をキャストして巻く時間に充てた方が効率的だと考えます。

ばすくん
ばすくん

選択肢を絞れば迷う事もないって事ね。

スピナーベイトが効くシチュエーション、効かないシチュエーションが実体験を以ってわかる。

 これは1年を通して理解すべき事です。なぜなら、バスフィッシングにおいてシーズナルパターンという最も重要なファクターが存在し、それは季節毎、強いて言えば月毎に変わるものだからです。シーズナルパターンがある以上は、12ヶ月を通して体験する事が重要です。

ばすくん
ばすくん

一年周期で行動するからね。


 ここでいうシチュエーションとは、時間、天候、水温、水深、水質、風、そして季節など全ての事象の複合を指します。今の時期はこうだからこう、晴れているからこう、だという風に論理では言い切れないのがバスフィッシングです。実際、魚個体によって違いがあるのですから。ある程度の予想は出来ても「解」は導けません。釣れてからの結果論でしかないですし、それですら「解」ではなく「手がかり」の一つに過ぎません。

わっきー
わっきー

決まり切った答えがないのが、難しい。でもそれが楽しいよね。

 なので、とにかくスピナーベイトを使い倒して、自分の経験として、感覚として、スピナーベイトが効くシチュエーションやタイミング、そうでないシチュエーションやタイミングを体感して積み重ねる事が大事です。その経験(釣れても釣れなくても)が「手がかり」の精度を上げていきます。理論的に分かれば良いですが、そうでなくても「秋は良かったけど冬はダメだった。夏もダメだった。」ぐらいの実感でも良いんです。次の年はスピナーベイトを秋に使えば良いんですから。その実感は、一年を通して使い倒した人にしか分からない絶対なる感覚なのですから、色々なルアーを使って来た人よりは確固たる根拠になるはずです。

わっきー
わっきー

肌感覚で覚えるのね。

 どんな状況でも釣りたいのが釣り人の性です。場面場面で釣れる(と信じている)ルアーセレクトをします。釣れる時もあれば、釣れない時もある。ただ、その場その場で使っているルアーが違うため比較し難い。それだと、その場凌ぎの釣りになってしまい、上達が遅れてしまいます。釣れなくても、比較し易ければ「釣れなかったデータ」になります。「釣れなかったデータ」→「同じような場面での選択肢を減らす材料」になり、同じ轍を踏まなくて済むようになります。つまり釣れない経験も釣れた時と同様重要な材料 となるのです。

ばすくん
ばすくん

失敗は成功のもと。

わっきー
わっきー

釣れなかった経験を次に生かすのね。

一年投げてりゃ間違いなく釣れる。

 これは初心者の方からすればこの上ないメリットだと思います。僕は小学生3年生の時にバス釣りを始めたわけですが、初バスは2年後です。スピナーベイト使えよって当時の自分に教えたいぐらいです。

 スピナーベイトの特性上、引っかかりにくいし、魚を引っ張ってくる力があります。パイロットルアーと言われる所以です。今始めれば秋には間違いなく釣れてると思います。それぐらい信頼できるし、釣れるルアーです。
 これがビックベイトだとそうもいきません!笑 こういった思い切った縛りができるのもスピナーベイトがしっかり釣れるルアーだからなのです。

わっきー
わっきー

根がかりしづらくて、投げてただ巻いてるだけで釣れる。初心者にうってつけのルアーだね!

はい、いかがでしたでしょうか?
今日は、スピナーベイトで縛る3つのメリットをお伝えしました。皆さんもこれを機にスピナーベイト使ってみてはいかがでしょうか?

ばすくん
ばすくん

気が向いたら口使ってあげるよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ではまた! 

コメント

タイトルとURLをコピーしました